FC2ブログ

誕生日でした

こんにちは皆様、ナミです。
実は先週の日曜日は誕生日でした。

ありがたいことに同僚から誕生日プレゼントをいただきました!
2021031-01.jpg
肉です。

こんなに大きな塊をいただくのは数年ぶりです。

実は丼は小さい物なので、500mlのカップとも比較してみました。
2021031-02.jpg
こちらの方がサイズがわかりやすいでしょうか。

1kgの個体識別番号付きのお肉です。
2021031-03.jpg
厚みは5cmくらいあります。

どうやって食べようか悩んだ結果、やっぱりステーキにすることにしました。
しかもローストビーフステーキです。

まずは半分に切りました。
2021031-04.jpg
常温に戻してる間、筋切をして軽く塩コショウをします。

牛脂を溶かしたフライパンに肉を入れます!
2021031-05.jpg 2021031-06.jpg
中火で焼き色を付けひっくり返して同時間焼きます。

すごく食欲をそそる色になってます。
2021031-07.jpg

焼きあがったらすぐにアルミホイルで包み、表裏焼いた時間分放置。
2021031-08.jpg

ローストビーフステーキの出来上がりです。
2021031-09.jpg
片方は切り、片方は塊で食べました(二人分です)

時間を置いていた為、焼いた直後より周囲にちゃんと火が入っています。
2021031-10.jpg

切り口も綺麗ですね。
2021031-11.jpg

新鮮なお肉をいただいたからこそできる料理です。
もちろん調理器具も熱湯消毒しつつ清潔に保っていたのでお腹も壊しませんでした。

時々、無性に肉を食べたくなる時があるのでこういうプレゼントはとてもありがたいですね。
私の胃袋にはまだ若干の余裕がございます(林家こん平ネタ)。
たまにはこういう誕生日もいい物ですね。

それでは、今日はここら辺で失礼します

バレンタインでした

こんにちは皆様、ナミです。
今年のバレンタインデーは日曜日でしたね。
バレンタインデー付近はチョコ製品が多くて嬉しいです。
2021025-01.jpg

今年はフルーツ系のチョコを探してこんなのを買ってみました。
2021025-02.jpg 2021025-03.jpg
バーになっていてそれぞれ色んなフルーツのピューレやナッツが入ってて楽しめます。

いただいたのはこちらです。
2021025-04.jpg2021025-10.jpg
過去に似たようなチョコをもらった気がするなとブログを検索してみると、ありました。

過去の記事

今回は二種類なんですが、少し簡単な左の方から開けてみます。
2021025-06.jpg
入っているのはスプーン、刷毛、ピンセットの三種類。
トンカチがありません。

このチョコは砂(状のチョコ)から化石の骨を取り出して並べる、という簡単な探し方です。
2021025-05.jpg

開けるとすでに化石の骨らしきチョコがのぞいています。
2021025-08.jpg
砂状チョコを除けつつ化石チョコを取り出していきます。

なんだか見本と違うようにも見えますが、入っていたのはトリケラトプスの化石でした!
2021025-09.jpg

次は前回も苦戦した掘り起こしチョコです。
2021025-10.jpg2021025-11.jpg
道具はスプーン、刷毛、トンカチ

この岩のごときチョコをトンカチで叩いて割っていきます。
2021025-14.jpg2021025-13.jpg

前回も思ったのですが、表面のチョコが非常に硬い。
2021025-15.jpg2021025-16.jpg
結構な力でガンガン叩かないと砕けてくれません。

真ん中の方は砕けても端っこは全く欠けてくれてません。
2021025-17.jpg

結果、やはり地層が割れて化石が欠けています。
2021025-18.jpg
もっと繊細にしなきゃダメなのかなと思いつつ、トンカチだけだと下に響くのでノミなどでコツコツやりたいなと思ってしまいました。
来週の2/22は、私用につきブログをお休みさせていただきます。

それでは、3月にまたお会いしましょう。

節分でした

こんにちは皆様、ナミです。
先週は節分でしたね。
前回の記事でも書きましたが今年は節分が124年ぶりに2月2日。立春が2月3日。
でもお店では2月1日から恵方巻が売ってたりしてました。

とりあえず今年も購入。
20210208-01.jpg
実家が関西なためか、幼いころから恵方巻は食べてました。

「一息で食べる(切らない)」
「恵方を向く」
「無言で一年の願いを心の中で唱えながら食べる)

上記を守らなければならない、という意識はあるのですがさすがに18センチを一人で食べるのは多い。
ちぎるのも不可能なので二人分に分けるために刃を入れてしまいました。
しかし食べる時はちゃんと上の三つを守って食べきりました。

ちなみに海鮮寿司と鯖寿司は単純に食べたかったため通常の幅に切って(鯖寿司はすでに切ってありました)食べました。
以前は海鮮巻寿司を恵方巻として食べていたのですが、一気に食べるのがもったいないなぁと思ったので今回は分けました。
巻き寿司の他にロールケーキなど色々な戦略がされています。
来年はどんなロールが出るのでしょうか。

それでは、今日はここら辺で失礼します

山(?)の味 ※動物写真注意

こんにちは皆様、ナミです。
もう二月です。
この間年が明けたと思ったのですが、今年も早いです。
そういえば今年は節分が124年ぶりに2月2日、立春が2月3日になるそうですね。
他にも37年前(1984年)は立春の日が2月5日で節分が2月4日だったそうです。
意外と天文学的にも変動してるもんなんですね。

さて、今回は前からずっと行きたかったお店の話(一部)です。
そこは横浜にある居酒屋で、何年も前から話題には上がってたんですが私自身10年以上お酒をのまなくなったのと、色んなメニューを食べたいのでいつもの友達と二人で行ってもあまり食べられないのではと行くのを少し躊躇っておりました。
そうしてるうちにコロナ禍になり、ますますお店に行きにくくなったのです。
しかし、お店がお取り寄せを初めてくれたのでおうち鍋で食べることができました。

ちなみにその店は珍獣屋というお店で、いわゆるジビエと言われる哺乳類や他の国では当たり前として食べられてる食材を取り扱っています。
店名からもわかるように「珍味」を取り扱うお店です。

今回とりよせた肉は「リス、ツキノワグマ、ヒグマ、トナカイ、アナグマ」の五種類です。
全部鍋用の肉として通販されていて、鍋のスープも一緒に買いました。味噌味です。
20210201-02.jpg


ここから下は人によってはややショッキングな画像も出るかもしれません。
そこでイメージを和らげるために動物のイラストを描いたのでそちらを載せていこうと思います。
イラストはグーグル検索で出てきた画像を元に描きました。

実際に届いたのはこんな状態です。
20210201-01.jpg
山形の猟師さんが獲ったお肉。
山形の醤油蔵とのコラボのお肉もあります。
どういう方法で獲ったかわからないのですが、肉と一緒に罠を置いておきました。
冷凍で届いた肉を解凍していよいよ実食です。

最初はリス
20210201-04.jpg
ミンチ状になっているので、団子にして食べます。

20210201-03.jpg 20210201-05.jpg
ほぼ赤身といった感じでギュッとした歯ごたえです。
もう少し脂分があった方がいいかなと思います。
臭みはありません。

続いてツキノワグマ
20210201-07.jpg
こちらもミンチ状で団子にするのですが、リスよりも弾力があり漬けこまれたタレの香りが生でもわかります。

20210201-06.jpg 20210201-08.jpg
リスに比べると柔らかいのですがやはり歯ごたえがあります。
ちょっと臭みが食べた後も口の中に残る感じ。

ヒグマ
20210201-10.jpg

こちらはしゃぶしゃぶで食べます。
20210201-11.jpg
肉の色が変わったら食べられるとありましたが、味噌スープのためちょっと変化がわかりにくいです。

20210201-09.jpg 20210201-12.jpg
割と脂分が多い感じですが私は結構好きです。
臭みもツキノワグマより少なかったです。
しかし塩気が強い。
何でかなと思って説明文を見ると、実は醤油麹に付け込んであるため食べる前に洗って落としてくださいと書いてありました。
見落としですorz

気づいたのは全ての肉をしゃぶしゃぶしてから、せめて次の分にあった「すき焼きの様に卵に絡めて食べても美味しいです」これを実行です。
20210201-13.jpg
それでも塩辛いですが美味しかったです。

次はトナカイ
20210201-15.jpg
こちらもしゃぶしゃぶします。
ヒグマに比べると一枚一枚がしっかりとしていますが、脂分が多いので千切れやすいです。

20210201-14.jpg 20210201-16.jpg
一緒に食べてた友達はこれが一番好きだって言ってました。
脂分と赤身のバランスがよくさっぱりしてる。
あと、味とは関係がないのですがこのイラストで「角のある鹿」と表現していますが、鹿にも角はありましたね。勘違いです。

最後にアナグマ
20210201-18.jpg
画像を見ると「こんなのだっけ?」とちょっと見覚えが無かったです。
肉は塊に近く分厚い。一応「煮込んで食べてください」とあったのは分厚いからですね。

20210201-17.jpg 20210201-19.jpg
スジ肉っぽく歯ごたえがあってなかなか飲み込むタイミングがわからない。
もう少し薄く切って欲しいなと思う感じでした。
味はレバーほどじゃないですが鉄っぽく、臭みの無い味で私は一番好きだったかもしれません。
さすが「フルーツだけを食べて育った穴熊」と書かれていただけのことはあります。

最後はおすすめにあったうどんで〆ました。
20210201-20.jpg
全体的にどれも美味しく食べ応えがありました。
ただ、スープが少し煮詰まって最後の方が辛くなってきたので、もう少し火の調整などをしないとダメだなと反省しました。

鍋以外もお取り寄せがあるので、頼んでみたいなと思いますが、虫系がまだ食べたことないんです。
いつか思い切って食べてみたいなと思いますし、コロナ禍が収まったらタイミングを見て食べに行きたいなと思います(食材によって入荷する時期が異なるので)

最後に、食べながらイラストに感想を書いていたので、そちらも載せたいと思います。
字が汚くて申し訳ないのですが、みなさんのお取り寄せの参考になれば幸いです。
20210201-21.jpg20210201-22.jpg20210201-23.jpg20210201-24.jpg20210201-25.jpg

それでは、今日はここら辺で失礼します

魔性の食べ物

こんにちは皆様、ナミです。
まだ寒いですね。
二月になったらもっと寒いのでしょうか。

過去にマンボウを食べた話を書いたのですが、その時購入した「東北うまいもの市場」がリニューアルオープンをしたという事で、割引していたある物を買ってみました。

ドーン
20210125-01.jpg
見た目はちょっとあまりよくないですが、「タラの白子」です
ちなみに1kgあります
生の白子を冷蔵で送ってもらえるのですが、そのせいで到着日を指定できません
今回は木曜日に来たので週末に向けて下処理をして食べました

こちらが下処理後
20210125-02.jpg
臭みを抜くために水洗い→小分け→さっと湯通し→水洗い→水切り
保存は綺麗な水にいれておけば2~3日大丈夫なようです(水が濁ったら交換)

せっかくなので、さっと湯通りした白子を醤油とレモンでいただきました
20210125-03.jpg
半生の生白子はプチっとしてトロリとして、お店とかだとほんの少ししか食べられないのが贅沢に食べることができます

この日は保存をして、翌日に別の料理で食べてみました

白子グラタン
20210125-04.jpg
玉ねぎとマイタケを入れてグラタンソースを作り、最後に軽くソテーをした白子とチーズを乗せて軽く焦げ目をつけたものです
アツアツトロトロでクリーミーな濃厚グラタンです

そして最後は定番の鍋
20210125-05.jpg
せっかくなんでタラの身も買ってタラ鍋にしました
タラの身も好きなので幸せたっぷりです
先に白子や切り身を食べて味を出してから、野菜を入れたりうどんでダシまで楽しみました

中々普段は食べることがなく、こんなにガッツリ食べたのは初めてです
プリン体が含まれているのであまりたくさん食べてはいけないのですが、思い切って食べてしまいました
こんなに食べる機会も滅多にないですしね

リニューアル割引は2月ごろまでやってるそうでまだ間に合います
よろしければ、いかがでしょうか
それでは、今日はここら辺で失礼します
リンク
ペンタフ総合トップページ

不明水調査のペンタフ
↑不明水調査

流量機器のペンタフ
↑流量機器

劣化診断の現場はおまかせペンタフ
↑劣化調査

ペンタフの雑誌掲載記事はこちら


ペンタフの最新広告はこちら

カテゴリ
最新記事
プロフィール

Nami

書き手:Nami
食べるの作るのも好きです。
興味がある物は挑戦します!

「Nami」「波」「ナミ」お好きな名前でお呼びください。

検索フォーム
カウンター
RSSリンクの表示