FC2ブログ

インクを作ってみました

こんにちは皆様、ナミです。
前回はちょっとテンションが上がってしまい文字ばかりの記事になってしまいました。
今回は前回書く予定だった内容を書きたいと思います。
インク沼にハマったと前回の記事で書いたのですが、今回はインクを作りに行ってきました。

場所は蔵前にある「Ink stand」というお店。
20190902-02.jpg 20190902-01.jpg
入口が二つあり、右側のお店は直接インクや文具品を購入できます。
インクを作る場合は左のお店に入ります。

中はカウンターのみで縦長の作りになっています。
20190902-03.jpg
壁に置かれたカラフルな試験管にわくわくします。

作成は予約制で、カウンターには五人しか座れません。
到着すると机の上には準備がされています。
20190902-04.jpg
混ぜるインク、試し書きをする紙、インクを混ぜるガラス棒
そして試筆するガラスペンを渡されます

横にはガラスペンを洗う水入りビーカーや混ぜるための小さいビーカーがありました。
20190902-05.jpg

横には二色の混色表や実際の見本が書いてあります。
20190902-06.jpg

方法は簡単で、最大三色のインクを混ぜて好みの色を見つけるだけ
20190902-07.jpg 20190902-08.jpg
四色以上はダメだそうです。
薄める液を入れるのはOKだとか。
ちなみに、赤と黒と青は通常よりも濃い色になるインクもありました。

ひたすらに混ぜて書いて様子を見る。
ただこれだけの事なのに集中して時間があっという間に過ぎてしまいます。
20190902-09.jpg
私は朱色が作りたかったんですがなかなか思うような色になりません。
赤が強すぎたりオレンジそのものになってしまったり。
最後は店員さんにアドバイスをもらってようやく出来上がり。

作るためには1時間ほど時間がかかるため、近くのカフェで時間を潰しました。
20190902-10.jpg
出来上がったインクを受け取るときに右側のお店に入ったのですが、そこにあった鬼灯の色がかなり理想の色に近くて悔しい思いをしたのは内緒です。
それでも、かなりお気に入りの色になりました。
オレンジと赤の間のような濃い朱色。
社内でガラスペンは使用できないので、万年筆に入れて使いたいと思いました。

それでは、今日はここら辺で失礼します。

沼にハマる

こんにちは皆様、ナミです。
最近はまた雨が多いですね。

「沼にハマる」という言葉をご存じでしょうか。
TVの番組タイトルにもなった言葉ですが、「とある趣味にどっぷりハマりこんで抜けられない状態」というとイメージがつきやすいかもしれません。
沼にハマる速度は早く、気づいたら底なしでなかなか抜けられず、かといって楽しくて自分から抜け出そうとは思わない状況です。
人によって広く浅くなのか狭く深くなのか、特に後者の方は沼にハマるという言葉が近いのかもしれません。ただし人によっては悪いイメージもあるかもしれないので、むやみに使うのは危険です。

ちなみに私も色々なものにハマっております。
ブログで書いた内容や書けない内容まで様々です。
今回は、最近ハマった沼について書いてみようと思います。

最近ハマった沼、それは「インク沼」です。
万年筆のインクはカラフルで最近は色んなメーカーが多様なインクが出ています。
ご当地インクがあったりイベントがあったりします。
もう一つ私がハマる要因として、万年筆のインクはガラスペンにも使用ができるんです。
キラキラとしたガラスペン。
昔興味本位で手に入れてみたものの、当時は扱いが雑ですぐに壊してしまいました。
ガラスペンは観賞用で実用的ではないと思っていたのですが、宇宙ガラスを体験した先生の所で試筆させてもらったらとても書きやすく便利だと思いました。

最近TVやネットで色んなインクを見ていると楽しそうだなぁという興味がどんどんわいてきて、気づいたらイベントの前売り券を手に入れてました。
ちなみに、イベントとは文房具のメーカーが集まる文房具イベントの中でも今回は「インク」に特化したイベントです。

三日間開催で、一日三回の入れ替え制。
初日に売り切れが無いようにメーカーさんにも在庫を用意していただいたり限定品や先行発売のインクがあったり、製作者さんと直接お話できたり非常に楽しかったです。

インクは多くて50mlくらいですが少なくても10mlくらいとなかなか減りません。
なのに気づけば10個以上手に取っている自分がいました。
しかも似たような色を何個も……恐るべしインク沼です。
でも緑系を買っても実際に紙に書いてみると微妙に色が違うんです!
そして、紙が違うと色合いも違ったりするんです。
インクの濃さでも違います。

つまり、ディスプレイで見た色を買っても家に帰って書くと全く思ってたのと違う色でした。
また、イベントで試筆してみてもそこに置いてある紙と家の紙が違うので発色が異なりました。

この難しさを今回のイベントで痛感しました。
もう通販や試し書き無しにインクを買う事はできません。

と、ここまで書いて文章の長さに気づきました。
沼やインクについてはほんのちょっと書いて本題に入る予定でしたが、思ったよりも長くなってしまったので本題は次回に書きたいと思います。
その代わり、イベントで購入したガラスペンについてちょこっと書きます。

購入したのはこの二本なのですが、特に見ていただきたいのが上のガラスペンです。
20190902-11.jpg
岡山県の倉敷市美観地区に工房がある「aun」さんというお店です。
ガラスペン以外にもアクセサリーを作成・販売されている職人さんがいます。
その職人さんが作られている「月」というガラスペンが欲しくて仕方なかったんです。
人生一本目のガラスペンはこれにしようと心に誓っていたんです(小さいころ折ったのはノーカウントにします)

こちらの「月」は一見シンプルな黄色いペンで、下のピンクの方が捻じっていて派手に見えます。
しかし、このペンを黒い背景に置いてみると……
20190902-12.jpg
軸の色が青色に変化するんです。
この神秘的なペンを手に入れることができてテンションも非常に上がっております。
基本的に癖字で字を書くのが苦手なんですが、インクの色も楽しみつつ書いていこうと思いました。

それでは、今日はここら辺で失礼します。

学生におすすめ?

こんにちは皆様、ナミです。
朝夕の暑さが少し和らいできましたね。
今年の残暑は厳しいのでしょうか。

私はいつも出掛ける時、新しいお店を調べることが多いです。
ネットでの評判がほとんどですが、質のわりに値段が安い(いわゆるコスパが良い)、量がとても多い。などなどです。

今回はコスパが良くて学生向けというお店があったので行ってみました。
20190826-01.jpg
池袋にある「キッチンABC」
西と東の両方あるのですが、今回は西です。

ここの名物は黒カレー
他にも情報ではカニクリームコロッケが美味しいともありました。
20190826-03.jpg 20190826-02.jpg

インディアンライスやオリエンタルライスがおすすめだったのですが、オムライスに黒カレー、トッピングにカニクリームコロッケを選択。
20190826-04.jpg
思った以上に真っ黒なカレーです。

オムライスの中身はドライカレー。
チキンライスバージョンも別メニューであるので、辛いのが苦手な人はチキンライスでもいいかもしれません。
20190826-05.jpg
カレーは思った以上に辛いです。
私は普段中辛なのでそう感じたのかもしれませんが、福神漬けの存在がありがたいと初めて思いました。

カニクリームコロッケは大きいのに中身がトロッとしていて、他にも頼んでいる人が多かったように思えます。
20190826-06.jpg

みそ汁などもついて全部食べるとお腹いっぱい。
満足の量なのに値段はお手頃でした。
ネットには学生向けとあったのですが、休日だったせいかスーツ姿の人やファミリーで来る人達もちらほら見かけました。
お腹が空いたときにガッツリと食べるのも時々はいいのではないでしょうか。

それでは、今日はここら辺で失礼します。

立ち食いにいってきました

こんにちは皆様、ナミです。
お盆もあっという間でしたね。
みなさまはどこか出かけられたのでしょうか。

今回はちょっと気になったお店に行ってきました。
私が「気になる」時、それは店の外観だったり料理の具材だったり盛り付けだったり。
色々と理由があるのですが、だいたいは驚きを求めています。
今回はタイトル通り「立ち食い」。
立ち食いと言えばソバや寿司、いきなりステーキも最初は立ち食いでしたね(最近は椅子席が多いようです)

今回行ったのはどちらでもありません。
20190819-01.jpg
「立ちスパ」です。
パスタではなくスパゲティ。
ネットであらかじめ調べてみるとカウンターのみで立ち食い9人分のみ。
テラス席があるとあったのですが、猛暑のためか行ったときは見当たりませんでした。

店の前にはサンドバッグ、立て看板が無ければここかわからないところでした。
20190819-02.jpg

注文はチケット制
20190819-03.jpg
ここでも驚かされるのですが、量と値段の設定が現代にそぐわない。

普通: 500g 300円
大盛: 700g 500円
特盛:1000g 700円

コスパが良すぎるのではないでしょうか。
周辺に大学などの学校が多いのも頷けます。

初めてなのでまずは普通の500gにチャレンジ。
500gならお腹空いた時に食べることができるので不安はないです。
トッピングに悩みつつ、期間限定の「夏野菜ラタトゥイユ」を選択。
20190819-04.jpg
結構なボリュームがあります。
ミートソースだけで麺、ソース、玉ねぎ、ネギが乗ってるということですね。
味は懐かしい感じで、肉もひき肉の塊が入ってたり鶏肉が入ってたり。

食べてる感じは「パスタ」ではなくまさに「スパゲッティ」ですね。
懐かしくて好きです。
他のトッピングも焼きチーズなど気になるのもあったので、また行ってみたいなと思いました。

おまけ
渋谷にあると前に聞いて気になっていたお店が新宿にあったので寄ってみました。
20190819-05.jpg

せっかくなので「飲む生クリーム」と言われるシェイクを注文しました。
20190819-06.jpg
ミルククリームのシェイクの上に生クリームを乗せた感じでした。
都内でも行ったことが無い場所が多いので、出かけるたびに新しい出会いがあって楽しいですね。
それでは、今日はここら辺で失礼します。

今年の花火

こんにちは皆様、ナミです。
もう八月ですね。
お盆休みのため、来週の呟きはお休みさせていただきます。

ちょうど一年前も花火の記事を書いたのですが、今年も新横浜の花火大会を見ました。

今年は風があって涼しかったのですが、やはりじっとりとした暑さがありました。
20190805-01.jpg 20190805-02.jpg

20190805-03.jpg

おなじみの花火から型物と呼ばれるものも建材。
20190805-05.jpg 20190805-06.jpg

今年は港北区・区制80周年を記念した80型花火もあり、どんなのかと思えば8と0が交互に打ちあがるというものでした。
何とか同時に撮れないかと頑張ったのですが、結果としてこれが一番綺麗に撮れていました。
20190805-04.jpg
0と8で順序が逆ですが、同時に撮れているとは思っていなかったので撮れていて嬉しかったです。

今年はスマホを変更していたからか、思ったより綺麗に撮れていましたね。
ちゃんとカメラで撮った写真の方が綺麗なのは当然ですが、スマホでもここまで綺麗に撮れるのは感動します。
20190805-07.jpg 20190805-09.jpg 20190805-10.jpg 20190805-11.jpg 20190805-12.jpg 20190805-13.jpg

ちなみに、私が気に入っている一枚はこれです。
20190805-14.jpg
絵で描いたようなちょっとレトロな「The☆花火」といった感じの一枚です。
八月になってからも色んな場所で花火大会があるのですが、久々に手持ち花火もしたいなぁと思ってしまいます。

それでは、今日はここら辺で失礼いたします
リンク
ペンタフ総合トップページ

不明水調査のペンタフ
↑不明水調査

流量機器のペンタフ
↑流量機器

劣化診断の現場はおまかせペンタフ
↑劣化調査

ペンタフの雑誌掲載記事はこちら


ペンタフの最新広告はこちら

カテゴリ
最新記事
プロフィール

Nami

書き手:Nami
食べるの作るのも好きです。
興味がある物は挑戦します!

「Nami」「波」「ナミ」お好きな名前でお呼びください。

検索フォーム
カウンター
RSSリンクの表示