FC2ブログ

涼を求めて

こんにちは皆様、ナミです。
タイトルがずいぶんと涼し気ですが、写真を撮ったのが8月なのでご勘弁ください。


8月、羽田空港に行ったときにずいぶんと暑かったのでかき氷が食べたくなりました
そこで向かったのが第一ターミナル
20180925-01.jpg
よーじやカフェに行ってきました

よーじやはあぶらとり紙として昔から有名ですが、いつの間にかカフェも出来てました
ラテの表面に型紙を使用してココアを振るのもよーじやは早かったような気がします

そのよーじやでかき氷が美味しそうだったので友達と一緒に頼みました
20180925-02.jpg 20180925-03.jpg
大きいのに氷が細かくてとても美味しいです
氷が細かい氷は頭がキーンとなりにくいと聞きますが、どうなのでしょうか
私は頭が痛くならないのでどなたかに試していただきたいものです

美味しいと思うのですが、白玉がちょっと氷で冷やされて固くなってたのが残念ですね
ちなみに私は苺を食べたのですが、追加の苺ソースがトロリとして味が濃厚でした
抹茶は苦手な人には苦いと思う抹茶具合だったらしいです

夏はアイスよりもかき氷派になるのですが、やっぱりお店で食べるのは一味違いますね


それでは、今日はここら辺で失礼いたします

買ってみました

こんにちは皆様、ナミです。
今年は三連休続きでシルバーウィークにはならなさそうですね。


夏の事ですが、こんなものを買ってみました
20180918-01.jpg
加熱調理用トマトです

トマトに色んな品種があるのは知っていたのですが、加熱調理用トマトというのは初めて知りました
加熱調理用と生食用トマトの違いは、皮や中身のジューシーさにあるらしく
生食用は皮が薄いので完熟なる前に収穫したり、完熟直後を食べないとすぐにぐずぐずになってしまうらしいのですが
加熱調理用は皮が厚いため完熟後も中身がしっかりしていて、生で食べると味気ないらしいのですが火を入れると甘くて旨味がますらしいです
確かに持ってみると固くてしっかりしています

今回このトマトを買ったきっかけは、先月の猛暑でトマトの成長が早く
生産と出荷のバランスが取れなくなったトマト農家さんがツイッターでヘルプを出しているのを見て、購入してみました
20180918-02.jpg
販売されている方も反響に驚きだそうです

トマトは生も好きですがどちらかというと火を通した方が好きなので、加熱調理用トマトの存在は驚きと共に興味をそそられました
なので届いた直後に早速食べてみました(箱の写真でトマトが3袋しかなかったのはすでに食べてしまったからです)

簡単でも美味しいチートマ
20180918-03.jpg
スライスしたトマトにチーズを乗せてオーブンでチンするだけ
今回はオーブンすら面倒だったので電子レンジで先にトマトを加熱してからさらにチーズをとろけるくらいに加熱しました

食べてみると確かに通常のトマトよりも甘くて美味しい
昔食べた畑の完熟トマトを思い出します

他にもトマトソースを作ってパスタに絡めたり焼いた肉に乗せたりご飯に混ぜたり
他にも肉で巻いたりしても美味しそうだったのですがあっという間になくなってしまいました
また買う機会があれば、ピザにもしてみたいと思いました


それでは、今日はここら辺で失礼いたします

当たりました!

こんにちは皆様、ナミです。
今年もあと3か月だと考えるとあっという間ですね。


ところで、皆さんは懸賞ハガキは出しますか?
番組観覧応募や映画の試写会、商品のおまけなどネットが増えた今でもハガキでの応募はいまだに健在です

私も時々応募をするのですが、今回どうしても気になったので頑張って出していた懸賞がまさか当たりました!
20180903-01.jpg
よく「当選は発送をもってかえさせていただきます」という文言があるのですが、ここまでわかりやすいのも初めてです
この箱を見て持って行っちゃう人がいないか、届いた後でもちょっとハラハラしました

中にはちゃんと当選のお知らせ
20180903-02.jpg

何が当たったかというと、箱でピーンと来た人もいると思います
一時TVのCMでやっていたあのロボがうちに来ました
20180903-03.jpg
カプリコロボ2 です

1の時は気になっていたものの気づいた時には応募期間が終わっていたので応募できず
今回は頑張って応募券を集めました……おかげでかなりの糖分を摂取してしまいました

カプリコロボ2は秋山社長が乗っているのだとか
中を開けるとちゃんと電池もついています
20180903-04.jpg

CMではカプリコを持って走ることができるカプリコロボ2
組み立てるとこんな感じです
20180903-05.jpg
思ったより大きい

そして秋山社長はこれです
20180903-06.jpg

開けた時にコントローラーを見て、ボタンが多いなと思ったのですがスイッチは5つ
前後の移動と左右の回転、そしてしゃべります!
応募期間と当選までに時間が空いていたのでどんな感じだったのかイメージが薄れていたのでしゃべることをすっかり忘れていたので驚きです

というわけで、実際に動かしてみました(※音声がでます)

ラジコンを動かすのなんて相当久しぶりだったので思った以上にテンションが上がりました
これで手を電動で上下できればもっと楽しいと思ったんですが3に期待でしょうか(可動はします)

懸賞はなかなか当たりません、というか滅多に当たりません
でも出さなければ絶対に当たりません
いつか当たればといいなと思って欲しいものは応募しています
また何か当たればご報告したいと思います


それでは、今日はここら辺で失礼いたします

アスリート食堂

こんにちは皆様、ナミです。
去年の話なのですが、ちょっと変わったご飯を食べに行ってみました。


明日食(あすしょく)
20180827-01.jpg
正式名称は「鹿屋アスリート食堂」です

都内に四店舗、他に大阪と鹿児島に展開されているお店で、健康で豊かな食生活を目指したお店なんです
20180827-02.jpg

注文方法はちょっと独特です
20180827-03.jpg
おかず3品とご飯+汁物を自分で選ぶのですが、おかずはよくある主菜や副菜ではなく全て主菜としてカテゴライズされています
その中でも野菜がメインだったり肉や魚がメインだったりとおかずによって栄養素の量や目的が変わります

目的というのは、その時に応じて「カロリー少な目がいい」とか「ビタミンや鉄分を多くとりたい」とかそういうことです

栄養素の含まれるおかずはイメージによってわかるものの、実際にどれくらい入ってるかや火を通すことによって変化したりなどわからないことも多いのですが、こういうのがあるとわかりやすいですね

この時に食べたのはこんなメニューでした
20180827-04.jpg
ご飯は雑穀米にし、栄養素は特に気にせずに選ぶとこうなりました

ここのお店のすごいと思ったところは、レシートにありました
20180827-05.jpg
注文したメニューから栄養素やカロリーを計算してわかりやすく出してくれます
三食ここで食べることは難しいと思いますが、健康など気になる方は目安に食べてみるのはいかがでしょうか


それでは、今日はここら辺で失礼いたします

マンホール作り第三弾

こんにちは皆様、ナミです。
お盆も終わりました。
これから残暑になるのか涼しくなるのか、秋の気配が楽しみですね。


以前、マンホールを紙やプラスチックで作った話を書いたのですが(過去の記事はこちら  ・  ・ 

ゴールデンウィーク明けにはと言っていたのに実際にお見せできたのがお盆明けになってしまいました
それでも私の野望である物をとうとうこのブログに載せる日が来ました!



20180813-01.jpg 20180813-02.jpg
わかりますでしょうか?
マンホールと管渠、桝も作り下水道そのもの(一部)を再現してみました

人孔と人孔を繋ぐ管渠で途中断面変化を起こしたり不良があったり起点人孔があったりと、説明する時によくありそうな状況を想定してあれこれ作ってみました

というわけで左の方から少し近づいて写していきます

まず最初に円形人孔
20180813-03.jpg
両斜なのは片斜を作るのが非常に難しいためです
前回の失敗を踏まえ、下流の方がやや大きめの管です

この人孔はセキをつけております
20180813-07.jpg 20180813-08.jpg

人孔から管渠へ移動します
20180813-04.jpg
丸管なので継ぎ目に苦労しましたが目地に浸入水を多めに入れました

そして特殊人孔
20180813-05.jpg
四角の方が楽なのですが、この先の管で苦労しました

最後の管は矩形渠です
20180813-06.jpg
どうしても中を見せたくて可動式にしたのですが、塗料を塗ると開け閉めのたびに少しずつ塗装が剥がれて自然なクラックが入ってきます
この管は上にハンチがあり、下は最初ハンチなのですが途中から弧を描くように変化しています

今回も足掛金具を錆びさせてみたり
20180813-09.jpg
実は取付管に堆積があるんです

起点人孔の足掛は被覆のあるものにしたのですが、少し汚し塗装してみました
前回よりはリアルに近づけたでしょうか
20180813-10.jpg

これは取付管から延びる桝です
20180813-11.jpg
コンクリよりもゴツゴツした表面を目指してみました

他に表現した不良は以下の通りです
石灰(と右端に腐食A)
20180813-12.jpg

侵入根と堆積
20180813-13.jpg

そして今回一番苦労した浸入水のAランクです
20180813-14.jpg
水の表現というのは今まで作ったことがなく、(実はミニチュアマンホールの前にこれを作っていました)素材から悩み、実際にモデリング講習に参加して質問したりと思考錯誤の末、なんとか出来上がりました
吹き出てる様子が少しでも伝わると嬉しいです

出来上がってから見るとミニチュアの時にも思ったのですが紙で作ったというのがよくわかります
もっと素材が何かわからないように、材料のイメージが見えてしまうとちょっと残念なので次に作るときがあれば、さらに、より近いものをを作ってみたいです


それでは、今日はここら辺で失礼いたします
リンク
ペンタフ総合トップページ

不明水調査のペンタフ
↑不明水調査

流量機器のペンタフ
↑流量機器

劣化診断の現場はおまかせペンタフ
↑劣化調査

ペンタフの雑誌掲載記事はこちら


ペンタフの最新広告はこちら

カテゴリ
最新記事
プロフィール

Nami

書き手:Nami
食べるの作るのも好きです。
興味がある物は挑戦します!

「Nami」「波」「ナミ」お好きな名前でお呼びください。

検索フォーム
カウンター
RSSリンクの表示