FC2ブログ

マンホールサミット2016

こんにちは皆様、ナミです。
去年から行きたかったマンホールサミットにようやく行ってきました。

写真が多めですので重いかもしれません。




場所は神田にあるメタウォーター株式会社の14階
個人参加という事で、社名を出さずに一般人として行ってきました
20160404-01.jpg

今回、人孔内を見学できるコースにも申込み、タイミングが良かったのか第一班に振り分けられました
20160404-02.jpg 20160404-03.jpg
最初に「下水道とは」から始まり「TVカメラ調査」の説明
東京下水道局の方がパネルを持って説明していただけます

この時、人孔の中に入るのかなと思っていたのでTVカメラで管内の画像を見るだけだったので少し残念でした
20160404-05.jpg 20160404-06.jpg
でも、下水道台帳で確認したところ、付近の人孔は1号人孔か矩形でも90×60など、人が入るのは少し難しいのでここでは入れないのも納得です

使用したのは展開型のTVカメラでした
20160404-04.jpg

説明の後は実際に人孔を上からのぞくことができます
20160404-07.jpg 20160404-08.jpg
雨が降っていたので実際に見るのは中止かなと思っていたのですが、作業帯の他に雨が入らないようテントを立ててしっかりとみられるようにしてありました

起点人孔だと聞いていたのですが、どうやら起点人孔から1つ下流の人孔でした
20160404-09.jpg


人孔内見学の後は会場に戻ります


会場では人孔の蓋がメインでした
20160404-10.jpg
様々な地域の化粧蓋が置いてありました

こちらは国宝の姫路城の蓋をテーブルにしてみたり
20160404-11.jpg 20160404-12.jpg

去年の関西マンホールサミットで行われた人孔蓋を鉄板にした鉄板焼きの再現モデル
20160404-13.jpg

こちらはとある美大の学生さんの卒業制作のガラスでできた人孔蓋
20160404-14.jpg 20160404-15.jpg
通常は鉄蓋ですが、ガラスで作成し下から見上げるとまた違った風景が見えてきます

他にも先ほど見学会で見たTVカメラの他のカメラ一覧
20160404-16.jpg

実際の蓋の縮尺を変えて作成されたミニチュアの人孔蓋
20160404-17.jpg


イベントは展示・販売の他に講演もありました
20160404-18.jpg

講演内容は多岐にわたり、マンホールとの触れ合いや蓋の写真の撮り方という地上のものから、下水道の利用や過去の下水道についてなど地下のものまで様々でした
20160404-19.jpg 20160404-20.jpg 20160404-21.jpg

その中でも面白かったのが人孔蓋のデザインが決まるまで
20160404-22.jpg
デザインを決めるときに絶対外す要因は「宗教関係であること」
人孔の蓋は歩道にも車道にもあるため、踏まれたりするのが失礼にあたるものは避けるそうです

デザインの例として大阪の蓋の話がありました
20160404-23.jpg

大阪府広報担当副知事「もずやん」とのコラボ蓋のデザインを一般公募したというものです
20160404-24.jpg

たくさんの応募の中から、選ばれたのがこの1枚
20160404-25.jpg

デザインの応募という物に携わった事が無いので知らなかったのですが、デザインというのは決まった物がそのまま使われるわけではないんですね

まず「もずやん」の原作者からの「もずやん」たる部分の修正
20160404-26.jpg

そして蓋の作成サイドから見た細かい修正
20160404-27.jpg
細すぎる線は潰れてしまうとか、面の部分が多いと車がスリップしやすいなど

最終的にはカラーになることも考慮して完成です
20160404-28.jpg


様々な講演の最後は、今回のマンホールサミットで一番の目玉である「マンホールカード」についてです
20160404-30.jpg

マンホールカードとは、コレクションを目的とし、マンホールのパンフレットとして環境案内所や役所、浄化センターで配られるカードの事です
20160404-31.jpg
第一弾は4/1から始まり、地域によっては1件に複数のカードを配布している所もあります

マンホールカードは地域の化粧蓋の写真とその蓋の位置がカードに載っていて、蓋の絵の種類によって様々な分け方がされています
20160404-32.jpg
色だったりマーク(ピクトグラム)だったり、数も増えたりバージョンが変わったり、好みの目的で集めるのも楽しいのではないかと説明されていました

会場内にもマンホールカードについて説明展示がありました
20160404-33.jpg 20160404-34.jpg
ポイントは「そこに行かないと手に入らない」という事だと思います
しかし、配布場所が役所の場合は平日のみというちょっと難しい条件になってしまうので、そこは観光案内所やいつでも開かれている場所での配布を希望したいですね
どの柄も可愛いですが、豊川市のいなりんのマンホールカードはいつか手に入れたいです

ちなみに、講演は二部構成で途中休憩をはさみました
トイレに行って戻ってくると、2014~2016年の水の天使のみなさんの撮影会が行われていたので私も一枚撮っておきました
20160404-29.jpg

盛りだくさんのマンホールサミットでしたが、実はこんなのも売っていました
20160404-35.jpg
マンホールどら焼きです

どらやきに蓋の柄を焼き印したもの
20160404-36.jpg

東京都と富士市の二種類あり、東京都が桜餡、富士市が抹茶餡でした
20160404-37.jpg 20160404-38.jpg
会場先行販売だったのですが、今ではネットでも購入できるようです


今までマンホールサミットの存在は知っていたものの、初めての参加でどのような事が行われるのかとても不思議でしたが
一般の方の方が多くこんなに興味を持ってる方がいるんだと驚くほどでした
普段は仕事で触れている下水道ですが、一般向けという事でわかりやすく説明されていたり仕事では触れない分野の話なども聞けるので、今後も見学会などがあればぜひ行ってみたいと思います

それでは、今日はここら辺で失礼いたします
リンク
ペンタフ総合トップページ

不明水調査のペンタフ
↑不明水調査

流量機器のペンタフ
↑流量機器

劣化診断の現場はおまかせペンタフ
↑劣化調査

ペンタフの雑誌掲載記事はこちら


ペンタフの最新広告はこちら

カテゴリ
最新記事
プロフィール

Nami

書き手:Nami
食べるの作るのも好きです。
興味がある物は挑戦します!

「Nami」「波」「ナミ」お好きな名前でお呼びください。

検索フォーム
カウンター
RSSリンクの表示