FC2ブログ

「マンホールを極めるツアー」に行ってきました 後編

こんにちは皆様、ナミです。
マンホールを極めるツアーの後編です。




お昼を食べ終えて、午後は蓋の解説と実験施設の見学です
実はここが目的だったので緊張しつつも楽しみでした

地中に入っていない組立マンホール
20160822-01.jpg 20160822-02.jpg
普段は中に入ってる写真ばかりみているので新鮮ですね

こちらはマンホールの歴史です
20160822-03.jpg 20160822-04.jpg

昔のコンクリートの蓋から最近の蓋まで
縦に切ると違うのがわかりますね
20160822-05.jpg 20160822-06.jpg 20160822-07.jpg 20160822-08.jpg

他にも摩擦で減った蓋の比較もあり、実際にタイヤの載せてみたり踏んでみると明らかに違うのがわかります
20160822-09.jpg 20160822-10.jpg 20160822-11.jpg

こちらは資料としてあった海外のマンホール蓋
20160822-12.jpg
私も以前、ハワイのマンホール蓋の写真を見せてもらったのですが、ハワイのはあまり柄がわからないシンプルな模様でした


ここから先は実験施設です
20160822-13.jpg
合流式の下水管は普段下水を流していますが、降雨時は雨が流れてきます
大雨や最近のゲリラ豪雨のような降雨時にはマンホール内が水で満たされたり外に流れだしたり、蓋が飛ぶといったニュースもききます

ここはそんな管の中がどのような挙動になっているか、それを実際に見ることができる施設です
20160822-14.jpg

アクリルで管と上下流のマンホールを再現し、わかりやすいように水に色をつけています
20160822-15.jpg 20160822-16.jpg

この動画は、下流がいっぱいになった時に逆流現象が起こり下流マンホールを水で満たし、その後上流マンホールまで逆流していく状況です
その時に水だけでなく圧縮された空気が上流マンホールを押し上げてボコボコしている様子を撮影したものです


マンホールから水が溢れるとこんな感じになります
20160822-17.jpg
思った以上の勢いで水が溢れるので、見ている人からも歓声が上がります

こちらは蓋の上を通るトラックを想定した耐久力試験の様子です
20160822-18.jpg
タイヤが何度も行ったり来たりします

こちらは瞬時の衝撃に耐えるテストです
20160822-19.jpg
同じ重りを落とした時にコンクリートが粉々になったのですが、蓋は全く平気でした


最後の実験は建物の外に出て、実際に地中にある管に水を流した時の挙動を見る蓋の浮上試験です
20160822-20.jpg
マンホールの裏側なのですが、左のマンホールがロック無し、右のマンホールがロック有り

それぞれを設置して、ゲリラ豪雨並みの勢いの水を流した時にどうなるのか、動画でご覧ください
まずはマンホールの蓋にロックが無いバージョン

圧縮された空気に押されて蓋が勢いよく開きました
近くに人がいると危険ですね

ちなみに、開いても中に転落防止の梯子があるので落ちることはないです
20160822-21.jpg 20160822-22.jpg

こちらはマンホールの蓋にロックがあるバージョン

水は噴き出しますが、蓋は動く事が無いので安全性はコチラの方が高いそうです

実際に上を車で通ってもほとんどわからないくらいだそうです
20160822-23.jpg


G&U研究技術センターを堪能した後は、バスで川島町役場へと向かいました
20160822-24.jpg

川島町のお話を聞いていて、すごいと思ったのは「ふるさと納税」のお礼の品にマンホールの蓋があるということ
20160822-25.jpg
納税額によってサイズが変わるらしいですが、実際にもらった人もいるらしいです

役場の施設内にはカラーの蓋やモノクロの蓋など、色々と見つけることができます
20160822-26.jpg
ちなみにこのキャラの関係性は祖父と孫らしいです

今回は朝から夕方まで盛りだくさんで、とても有意義な時間を過ごすことができました
また、機会があればぜひ参加したいと思います

それでは、今日はここら辺で失礼いたします


おまけ
川越付近で見つけた蓋
汚水蓋
20160822-27.jpg
真ん中に市章、周りの葉っぱは市の木であるカシ、花は市の花であるヤマブキでしょうか

消火栓
20160822-28.jpg

災害用トイレ蓋
20160822-29.jpg
災害用のトイレの蓋を実際に見たのは初めてでした
リンク
ペンタフ総合トップページ

不明水調査のペンタフ
↑不明水調査

流量機器のペンタフ
↑流量機器

劣化診断の現場はおまかせペンタフ
↑劣化調査

ペンタフの雑誌掲載記事はこちら


ペンタフの最新広告はこちら

カテゴリ
最新記事
プロフィール

Nami

書き手:Nami
食べるの作るのも好きです。
興味がある物は挑戦します!

「Nami」「波」「ナミ」お好きな名前でお呼びください。

検索フォーム
カウンター
RSSリンクの表示