久しぶりに銭湯に行ってきました

こんにちは皆様、ナミです。
寒い日が続きますね。
こんな時は家で風呂もいいけど、のんびり銭湯で足を伸ばして入りたいものです。




というわけで行ってきました横浜市にある「喜久の湯」
20161212-01.jpg
店構えは少し狭くて二度見をしてしまうのですが、中には大きめの傘立てもあります
20161212-02.jpg

ちなみに靴箱は木札です
20161212-03.jpg

入口の隣にコインランドリーを発見したのですが…
20161212-04.jpg

営業中とあるにもかかわらず進みにくい雰囲気です
20161212-05.jpg

フロント式でサウナ、代わり湯、電気風呂、泡風呂、寝風呂など一通りあります
ただ、絵があったかどうか思い出せないのですが、他の方のブログを見る限りではモザイクタイルだったようです
この日の代わり湯はコリアンダーもしくはクミンだったのでしょうか? ものすごく「カレー」な匂いで入ってる間はカレーが食べたくてしかたありませんでした
代わり湯以外のお湯はちょっと熱めでしたがロッカーの数も多く、入りやすい場所だと思いました

一つ、入った時に驚いたのはこの光景
20161212-06.jpg
折り紙です
船に鶴という組み合わせ
聞いてみるとご主人が毎日作られているのだとか

なので店内は折り紙だらけ
20161212-07.jpg

折り紙を見てお客さんが作ったのも飾っているとか
20161212-08.jpg
蛸とカエル?

中でもすごかったのはこれですね
20161212-09.jpg
立派な船に船頭二人、ちゃんと鶴もいます
こういうのを見ると、昔から愛されてるんだなぁとか、銭湯は独自の個性を持っていて浴室以外も楽しめる場所が多いですね


帰りに気づいてしまったこれ
20161212-10.jpg
見た時は全く気付かなかったのですが、調べてみると「稲尾和久」さんは元プロ野球選手で西鉄ライオンズにいた後色んなチームで監督やコーチをされていて殿堂入りされている方だとか
野球には全く詳しくないのですが、「神様、仏様、稲生様」という見出しは優勝時の地元新聞に出ていたすごい人らしいです

これが書かれたのがその当時なのか、だとしたら50年以上も前からこの銭湯があることになります
気づいたのがその場だったら創立を確認できたのですが、今こうやってブログを書いている時では確認のしようがないのが残念です
また、行く機会があればご主人に聞いてみたいと思います


それでは、今日はここら辺で失礼いたします
リンク
ペンタフ総合トップページ

不明水調査のペンタフ
↑不明水調査

流量機器のペンタフ
↑流量機器

劣化診断の現場はおまかせペンタフ
↑劣化調査

ペンタフの雑誌掲載記事はこちら


ペンタフの最新広告はこちら

カテゴリ
最新記事
プロフィール

Nami

書き手:Nami
食べるの作るのも好きです。
興味がある物は挑戦します!

「Nami」「波」「ナミ」お好きな名前でお呼びください。

検索フォーム
カウンター
RSSリンクの表示